新たな住宅モデルとして注目。
定期借地権付
分譲マンションで
ワンランク上の
都心暮らしを。

都心での豊かな暮らしを手にする
新たな住宅取得モデルとして、
「定期借地権付分譲マンション」が
注目を集めています。
定期借地権とは、土地を所有するのではなく、
一定期間利用する権利のこと。
土地を購入せず、利用する権利のみを取得するため、
物件価格を低く抑えることができ、
ゆとりのある広さや、好立地での快適な生活を
実現することが可能です。

定期借地権とは
「購入者ニーズ」と「地主ニーズ」という
双方のニーズを満たす制度です。

購入者のニーズ 好立地に住みたいグレードの高い部屋に住みたい間数や広さがほしい ただ、予算には限りがある 定期借地権制度 双方のニーズを満たす社会的・経済的需要に適応した新たな制度です。 地主のニーズ 土地活用はしたい一度貸したら返ってこないでは困る 税金や将来のことを考えると手放したくはない

●定期借地権導入の背景

「旧借地借家法」では、借主保護の色が強く、賃貸借契約を結ぶと半永久的に更新が続いて返還されないケースがあることから、地主が土地を貸し渋る状況が続いていました。そこで、平成3年に制定された「新借地借家法」により、新たに「定期借地権制度」が導入され、契約の終期を明確に定めることで、安心して土地を活用できる環境が整えられました。

●借地権には「普通借地権」と「定期借地権」があります。

普通借地権 ・正当な事由なく借主からの更新を断れない。・期限内に貸主が更新に合意しなかった場合でも法定更新により前賃借と同様の条件で自動的に更新される。 実質的には半永久的に更新されるので貸し渋る。 定期借地権〈アネシア栄 THE CITY〉 ・期間(本物件は70年)満了をもって終了。・期間が最初から決まっているので更新がないので安心して貸せる。また更新料がかからない。 期間が決まっており安心して貸せる。

定期借地権付
分譲マンションのメリット

定期借地権付分譲マンションのメリットは
購入価格が抑えられることだけではありません。
ゆとりある広さで、好立地・高品質のマンションに
住まえるメリットがあります。

土地所有権分譲マンションと、
定期借地権付分譲マンションの比較

アドバイス

将来の修繕や建替えリスクが少なく
子や孫の代まで、安心して都心ライフを満喫。

70年間※の長期にわたる定期借地権により、30歳の取得であれば100歳まで、40~50歳での購入なら子や孫の代まで、将来の建替えや修繕リスクを軽減してお住まい可能です。また、所有権分譲マンションに比べて相続税が安く抑えられるので安心して次の代に引継ぎが可能です。

※アネシア栄THE CITYの定期借地権期間は2020年3月1日~2090年2月28日(建物解体期間含む。)となります。また、建物のお引渡しは2022年12月中旬を予定しております。

定期借地権付分譲マンションについて

Q&A

アネシアマンション総合ギャラリー

0120-104-789

営業時間|10:00~18:00
定休日|火・水曜日

Copyright ©TOYOTA HOME. All Rights Reserved.